« しらびそ遠征写真 | トップページ | M16 M17 »

2017年6月 4日 (日)

梅雨入り前最後の遠征

5月中旬は曇りの日が多く、梅雨入り間近を感じさせるこの頃。

5月の最後の週末、半ば遠征は諦めていましたが、木曜日くらいから天気予報が良い方向へ変わってきました。
 
 土曜日の夜は嫁に用事があり、出発が22時前になってしまったため、メインのεによる直焦点撮影は諦めて、ポタ赤によるアポゾナー135mmF2のみにしました。(この時期3時には薄明が始まってしまうため、もたもたしていると夜が明けてしまいます(^_^;))

2000

白鳥座デネブ付近

2017年5月27日午後23時50分〜

Apo-Sonnar135mmF2→2.8+EOS5DMarkⅡ(SEO-SP4)

16秒×75枚、120秒×14枚、180秒×32枚 ISO1600

« しらびそ遠征写真 | トップページ | M16 M17 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

遅くからの出発とのことでしたが総露出時間2時間24分で大作ですね。結構淡いところまで諧調よく写されて流石です。私も遠征に行ってましたが空の抜けはあまりよくなかったと思っていましたが、そうでもなかったみたいですね。ところで、この画角だとプレート直付けではなく、雲台使用なようですが、どんな雲台を使用されているのでしょうか?

ひろGさんコメントありがとうございます。
あの日は、最後まであららぎにするか、こちらにするか迷ってました。
空の抜けは結構良かったような記憶ですので、ひろGさんはあららぎでしたか?平谷でしたか? ちょっとの差でちがうんですかね...

カメラレンズの取り付けですが、赤緯軸を外したGPD赤道儀にK-ASTECのポタ赤プレートに回転装置付アルカスイスアリミゾを付けて、その上にK-ASTECのバンドで固定したアポソナーを付けています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨入り前最後の遠征:

« しらびそ遠征写真 | トップページ | M16 M17 »