« 2018年総括後編(写真編) | トップページ | 岩本彗星 »

2018年12月31日 (月)

ウイルタネン彗星

イメージ 2
2018年11月30日21時29分~ 自宅観測所にて
VC200L+Reducer HD+ML16000
Astrodon Gen-ⅡTru-balance I-Series LRGB Filters
AXD アドバンスユニットによる彗星自動追尾(ガイドなし)
L:R:G:B 各5分1bin 45:20:20:20min TOTAL:105min (1時間45分)
CCDStack2によるダーク、バイアス、フラット補正
Si8による、彗星核基準、恒星基準それぞれをシグマクリップコンポジット、RGB合成。
PsCC2019によるLRGB合成後、彗星核基準、恒星基準のコマをレイヤー合成。
かぶり補正、コントラスト強調、ノイズ処理など。
コマが大きく1386mmフルサイズでははみ出てしまいました。800mmくらいの方が良かったですね。
 左上にかすかにダストテイルが写っています。この先尾が長くなってくれるでしょうか...
イメージ 1
ウィルタネン彗星(46P)
2018年12月8日(土)20時15分~ 自宅観測所
R200SS+コレクターPH+ML16000
Astrodon Gen-ⅡTru-balance I-Series LRGB Filters
AXD スターブックテンによる彗星自動追尾(ガイドなし)
L:R:G:B 各5分1bin 25:15:15:15min TOTAL:70min (1時間10分)
CCDStack2によるダーク、バイアス、フラット補正
Si8による、彗星核基準、恒星基準それぞれをシグマクリップコンポジット、RGB合成。
PsCC2019によるLRGB合成後、彗星核基準、恒星基準のコマをレイヤー合成。
かぶり補正、コントラスト強調、ノイズ処理など。
R200SS(760mm)でもはみ出そうです。
イメージ 1
ウィルタネン彗星(46P)とすばる
2018年12月14日 22時24分~ あららぎ高原スキー場
ApoーSonnar135mmF2→2.8
EOS5DMarkⅡ(SEO-PS4)
GPD赤道儀ポタ赤仕様によるノータッチガイド
4分×24枚 ISO1600
ちょうどこの日はアンチテイルが延びていてしっかり写りました(^^)/
イメージ 1
ウィルタネン周期彗星(46P)
2019年1月3日23時00分~ 自宅観測所
R200SS+コレクターPH+ほしぞら工房社製オフアキリング+SEO-Cooled6D(SEO-SP4C)(-20℃)
HEUIB-Ⅱフィルタ
AXD赤道儀、SX-LodeSatarにてオフアキシスガイド
240秒×18枚 ISO1600
イメージ 1
ウィルタネン彗星(46P)
2018年12月31日19時41分~ 自宅観測所
R200SS+コレクターPH(ほしぞら工房社製オフアキリング)+SEO-COOLED6D(SEO-SP4C IDAS HEUIBー2)
AXD赤道儀によるオフアキシスガイド
300秒×8枚 ISO1600
ウィルタネン彗星(46P)
2018年12月31日19時41分~ 自宅観測所
R200SS+コレクターPH(ほしぞら工房社製オフアキリング)+SEO-COOLED6D(SEO-SP4C IDAS HEUIBー2)
AXD赤道儀によるオフアキシスガイド
300秒×8枚 ISO1600

« 2018年総括後編(写真編) | トップページ | 岩本彗星 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウイルタネン彗星:

« 2018年総括後編(写真編) | トップページ | 岩本彗星 »