« ASA10N購入! | トップページ | NGC7000、M31、M33 »

2019年8月 1日 (木)

ASA10N撮影準備

ASA10Nが到着してからはや3週間。梅雨まっただ中での到着だったためファーストライトを中々行う事が出来ませんでした。

その間にフードを作ったり、光軸調整、アリガタプレート等のプレート類の設計と依頼、フォーカサーの動作テストを行ったりと色々準備してきました。

 

Img_9506 Img_9509 Img_9735

フード作成

 

Img_9465

光軸ずれあり

Img_9481

光軸調整後

Asa105006 Asa105007 Asa106001

上からアリガタプレート、ベースプレート、トッププレート

Asaringu001

ML16000用の接続リング注文

 

 

ファーストライト

Img_9760

3インチウイーンコレクター+EOSマウント

Img_9772

ピントが合わない....最大繰り出し量の30mmでピント合わず。(前ピン)

Image

他の方のウエブより。延長リングが本来あるべきですが、この望遠鏡には付属していませんでした。

売り手に質問するも、持っていないと。

結局はASA本社に掛け合ってML16000接続リングに同梱してもらうことになりました。

 

後日ビクセンR200SS用のエクステンダーPHを2インチスリーブに差し込んで撮影テストを行いました。

Image_20190801214501 Asa10nvixenph_100s_3200iso_4c_2019072822

ピントきました。....意外と悪くない。このエクステンダーPHを付けると1330mm F5.3となります。結構使えるかも。

購入後3週間目にしてようやくファーストライトにこぎ着けました。

あとはフラットをどうするか....手持ちのLEDトレース板のA3ではちょっと小さい。A2板を買うかどうしようか。

スカイフラットでも良いかな.....

« ASA10N購入! | トップページ | NGC7000、M31、M33 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ASA10N購入! | トップページ | NGC7000、M31、M33 »